ホームページ制作の基本

凝ったホームページを制作するためには、様々な知識、技術が必要になります。しかし作り方の基本は誰でも一から学べるものですから、そのさわりを説明することにしましょう。まず身に付けるべき知識は、HTML言語です。ホームページ、ウェブサイトの基本中の基本とも言えるもので、子どもでも少し学べば、簡単なサイトを自力で作成することが出来ます。各種ホームページ制作ソフトもこのHTMLを利用しており、HTML言語で記述したページをFTPでサーバにアップロードする点は、全て自力で作成する場合と同様です。自力の場合は、メモ帳等のテキストエディタにHTMLコードを書く手間が掛かるだけなので、慣れればこうしたソフトを使用する利点も見出せなくなるかもしれません。
 次に挙げられるのは、ワードプレスによる制作です。最近増えている手法の一つで、サーバに設置するだけで簡単に高機能なホームページを制作することが出来ます。専門知識は何も必要ないため、まるでブログを更新するかのように、自社のホームページを改変することが出来ます。具体的にはダッシュボードと呼ばれる管理画面が用意されているので、そこにログインするだけで編集することが可能です。但しサーバに直接設置することから、情報漏洩のリスクを心配する声もあり、更新頻度の高低を基準に判断されるのがよいと思われます。
 最後に挙げるのは、JimdoやWixといった、新しいサービス形態です。これらのサービスを利用すると自力で制作できるのですが、ホームページ制作ソフトを利用した場合よりも、さらに簡単に構築することが出来ます。HTMLタグさえ記述せずに済みますから、ボタンのクリックと単純な文字入力のみで、本格的なサイトを作ることが出来るのです。