自称コンサルタント?

WEB制作という業界においても「コンサルタント」というものが存在しているようです。自社サイトのアクセス数が思うように伸びなかったり、検索結果で上位にランキングされない状況が続いてしまうと、つい焦ってしまい、このような「コンサルタント」を頼りたくなってしまうのではないでしょうか。しかし、安易に手を伸ばすというのはあまり良いことではないと言えるでしょう。コンサルティングというのは、そもそも成果を保証するサービスではないということを知っておく必要があるでしょう。あくまでも解決方法の提案や、アドバイスといったものを挙げるだけという場合がほとんどであり、最終的な責任というのはクライアント自身が負わなければならないと言えるでしょう。一時的な焦りに身を任せず、高額のコンサルティング費用を支払うことの意義を時間をかけて考え直す必要があるのではないでしょうか。確かに有能なコンサルタントの場合、役に立つこともあるでしょう。しかし、そのアドバイスを上手く活かせるかどうかはクライアント次第と言えるでしょう。つまり、相性という問題が発生するものともいえるでしょう。
また、コンサルタントにも悪い人がいることも注意しておきましょう。ホームページのリース契約といったサービスを謳っているコンサルタントもありますが、総じて信用の置けるものではないでしょう。この種の業者とは解約できないことも多いようで、トラブルが多発しているとも言われています。ホームページというのは実態がないため、契約しないという選択が賢明でしょう。また、業者の中には契約時の見積もりを無視し、気付いたらオプション作業が付いていたという悪徳業者もあるようです。中には渋々支払ってしまうクライアントも見かけますが、契約を遵守していない以上、支払う義務はないでしょう。もし困ってしまった場合には、弁護士に相談するなどして、早期解決を図ることが大切でしょう。

10月 20, 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です