検索エクスペリエンス

ある組織内の人と顧客が電話で話す時や、店内でやり取りをする時に、コンテキストが非常に異なる場合、検索システム内での一致を確認したり、求めたりせずに、同じ言語を話す人々にそっと注意を促した方がいい場合があります。実際、検索エクスペリエンスは、セールスのプロとのやり取りに似ているともいえます。セールスのプロは顧客が使った言葉を理解して、それを企業や業界で使われている用語に翻訳して顧客に返すからです。ユーザーが検索からブラウジングに移る際にも、優先語は重要になります。分類体系、ナビゲーションバー、インデックスを設計するときを考えてみてください。一語一語について類義語や略語、頭字語、よくある綴り間違いまで、すべて出していては混乱するばかりです。入力した語彙を調整すると、サイトインデックスの有効性をかなり増すことができますが、これは特定のものに限定すべきかもしれません。でないとインデックスがあまりにも長くなりすぎてしまい、ユーザビリティ全体に悪影響を及ぼしかねないからです。バランスをとって注意深く行動するためには、調査と的確な判断が大事ということでしょう。

12月 20, 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です