SEOにおけるブラックとホワイト

昔はSEO対策と言えば、専らブラックハットSEOを指しました。検索アルゴリズムの陥穽を利用して、クライアントのサイトを検索結果の上位にランキングさせるという手法です。例えば、クローキングと呼ばれる技術もその一つです。クローラーが当該サイトを訪れた時、別に用意したサイトを読み取らせることで、スコアの上昇を狙うものです。また、リンク付けもブラックハットSEOの一種です。リンク付けするためだけのサイトをたくさん制作して、その全てをクライアントのサイトと繋げます。こうした対策によって、SEOは長年功を奏していましたが、最近では検索エンジンの監視、ペナルティも厳しく、中々成果を上げられない状況になっています。そうした中で、SEO対策業界の手法も大きく変容しています。
 新しいSEO対策の手法は、ホワイトハットSEOと呼ばれています。検索エンジンが定めたルールにも反していないため、クライアントのニーズも徐々に高まっている手法です。クローキングやリンク付けは、言わばその場しのぎの誤魔化しであったわけですが、ホワイトハットSEOは長期的な視点で、サイトの内容そのものの改善を図っています。高いスコアリングを目指す場合、メタ情報を最適化することに加え、ターゲットであるユーザーの検索行動パターン、検索動機等を的確に捉え、それをコンテンツの内容に反映させなければなりません。ですからホワイトハットSEOは、ユーザーのニーズに応じたサイト構成になるように改善することを眼目とする手法と言えます。
 とはいえ、ホワイトハットだけではランキングの上昇は望めないのも現実です。しばらくはブラックハットも随時用いることで、総合的に対策するほかありません。