SEOの基本

SEOは検索エンジンとの親和性を高めることですから、その対策によって検索結果の上位にランキングされるのは自然なことです。ルールの範囲でSEOに投資することは理に適っており、一般企業の多くが実施しているはずです。企業の究極の目標は、言うまでもなく更なる発展です。その具体的な道程は、集客を高めることに他なりません。そしてその端緒となるのが、ホームページによる認知であり、SEO対策が貢献するものは非常に大きいと言えます。
 SEOに対する誤解として多いのが、「ランキングを上げること」という技術論に収斂させてしまうものです。確かに短期的にはランキングの向上を目指すわけですが、その背景には集客という目標があるわけですから、長期的な視点ではSEO対策にも人心の把握が欠かせません。具体的には、ターゲットにする客の訪問動機を解釈し、その分析に基づいたコンテンツ内容を作成しなければなりません。また、ターゲットの情報リテラシーをも的確に捉え、サイトを如何に構築すれば、ターゲットが目的のページに達することが出来るのかを、じっくり考えた上で制作しなければなりません。
 SEO対策は持て囃されていますが、当然メリットとデメリットとが存在します。メリットとしては、広告との比較が分かり易いでしょう。広告を出す場合、多額のコストが掛かりますし、掲載期間を過ぎれば客足が遠のいてしまうこともあります。それに対してSEOは、自力なら無料で行えますし、長期的な視点で集客を目指すことが出来ます。また、ブランディング効果も期待できます。デメリットとしては、アルゴリズムの支配下に置かれることが第一に挙げられるでしょう。検索エンジンの対処に逐一目を光らせなければならず、それ自体がコストとなります。またすぐに効果が表れるものでもありませんから、短期掲載のサイトには向いていません。