SEO対策

ホームページを制作する上で欠かせない工程とされるのが、いわゆるSEO対策です。SEOとは検索エンジンとの親和性を高める工程を指し、このSEOが十分に施されたwebサイトは、検索結果の上位にランキングされることになります。上位にランキングされるということは、ユーザーの目にも留まりやすく、結果的にアクセスが増えることを意味します。ですからどの企業もこぞってSEO対策に取り組んでいるのですが、グーグルのような検索エンジンもそれを見越して対策を立て、各種ルールを定めるに至っています。最も知られているのが、リンクに関するペナルティです。一般にリンクの多いホームページは検索エンジンに拾われやすいのですが、自作自演の過ぎるものは順位を下げられたり、インデックスを削除されたりします。また、キーワードの詰め込み方が不自然な場合も、ペナルティが課せられます。今後はこれらのルールに従ったSEO対策が望まれているのです。
 ルールの範囲でリンクが増えればよいわけですから、コンテンツ、記事の内容を良いものにするのは当然の対策です。ユーザーがその記事に関心を示せば、そのユーザーがリンクを貼ってくれるというわけです。ライティングの苦手な人は、プロのライターやフォトグラファーを雇うのも選択肢でしょう。また、コンテキストに気を配るのも有効と言えるでしょう。コンテキストとは、直訳すれば「背景・状況」と解されますが、キーワード、ユーザーの検索行動パターン、検索動機等を総合的に勘案することを指します。このコンテキストを把握した上で対策すれば、より効果的なSEOが望めるでしょう。